3D-CADを駆使した高剛性設計

工程を分け、複雑形状ワークをワンチャッキングで全加工することが可能です。
全移動軸にリニアガイドを採用し、高速・高精度加工を実現。位置決め精度も格段に向上しています。
旋削時間短縮に加え、旋削制精度及び面粗度の向上を実現。
また、1つの工具は第1主軸と第2主軸の両方の加工に対応できることから、
9本の工具は事実上18本分の動きをします。
第2主軸を設定することで、第1主軸から第2主軸への受け渡し、
第2工程で加工物裏面も自動で加工することが可能です。
第2主軸の能力は、第1主軸と同じサイズ、回転速度、
出力を発揮するため左右同等の複合加工が可能です。

 

VCN-410A

VCN-510C

 

 

複合加工機

 機種名  INTEGREX i-200
 最大加工径  φ658 mm
 移動量(X/Y/Z/W)  615 / 250 / 1077 / 1026 mm
 ミーリング主軸 (20%ED)  12000 min-1(rpm),22kW (30HP)
 所要床面の大きさ  3990 × 2800 mm
 チャックサイズ  8
 最大加工長さ  1011 mm
 主軸 (30分定格)  5000 min-1(rpm),22kW (30HP)
 工具収納本数  36,*72

 

複合加工機

 

 機種名  INTEGREX 200-IV
 最大加工径  φ660 mm
 上刃物台移動量(X/Y/Z/B)  580 / 160 / 1045 mm / 225°
 ミーリング主軸 (20%ED)  12000 min-1(rpm),18.5kW (25HP)
 所要床面の大きさ  3820 × 2348 mm
 チャックサイズ  8
 最大加工長さ  1016 mm
 主軸 (30分定格)  5000 min-1(rpm),22kW (30HP)
 工具収納本数  20,*40,*80

設備名 台数 備考
立形マシニングセンタ VCN-410A 2台 テーブルサイズ560×410×510
立形マシニングセンタ VCN-510C 2台 テーブルサイズ1050×510×510
立形マシニングセンタ VCS-430A 2台 テーブルサイズ560×430×510
立形マシニングセンタ SVC 2000L/120-II 1台 テーブルサイズ3048×510×510
複合加工機 1台 INTEGREX 200-IV
複合加工機 1台 INTEGREX i-200
CAD/CAM(5軸制御対応) 1式 Mastercam X6
M/C用吸着台(自社製作品) 2式  
汎用フライス 1台 テーブルサイズ1000×300×200(H)
汎用ボール盤 1台  
ノコ盤 1台  
溶接ロボット(自社製作品) 1台 TIG溶接機 接続
TIG溶接機 1台  
コンタマシーン 1台  
2013年1月現在

安心される保証

三次元測定機自社機械加工品単体での精度保証はもちろんの事、
装置組立工程(X・Y・Z・θテーブルなど)での組立測定を行い
装置精度を保証しお客様に高い評価を頂いております。

外部機械加工品の精度測定も、
お客様のご要望に応じて三次元測定を致します。

【三次元座標測定機仕様概要】

メーカー 株式会社 東京精密
型式 SVA fusion 9/10/6
納入年月日 平成20年5月30日
電源 供給電圧 AC100V±10% 50/60Hz
消費電圧 1500VA
空気源 供給圧力 30Nℓ/min
空気消費量 30Nℓ/min
テーブル 使用可能幅(X) 1000mm(Max)
使用可能奥行き(Y) 1810mm(Max)
測定範囲 X軸 850mm(Max)
Y軸 1000mm(Max)
Z軸 600mm(Max)
被測定物 最大高さ 770mm
最大質量 1000kg
設置環境 温度 20℃ ~ 22℃
ソフトウェア

Calypso汎用測定プログラム
※オプション:CADインターフェイス他

 

機械設備名 台数 備考
三次元座標測定機 1 SVA fusion 9/10/6
2D CAD 5 CAD CREATOR
3D CAD 1 CAD CREATOR
3D CAD 2 i CAD V7 (FUJITSU)
総合管理システムソフト 7 加工屋けんちゃん + シナジー開発生産管理
ページ最上部へ