沿革

2003年 9月 熊本県インキュベーション施設「夢挑戦プラザ21」に入居
2004年 6月 シナジーシステム有限会社を設立。
7月 七城工場を開設。 CAD CREATOR(4台)を導入。
8月 立型マシニングセンター(VCN-410A)を導入。 
【産業用自動機器事業】開発・設計及び製造・販売を開始。
2005年 3月 立型マシニングセンター(VCN-510C)を導入。
2006年 3月 植木工場(加工工場)を開設。 
七城工場より立型マシニングセンターを移設。
立型マシニングセンター(VCN-410A)を導入。
立型マシニングセンター(VCN-510C)を導入。
【機械部品加工事業】部品加工・販売を開始。
2007年 8月 複合加工機(INTEGREX 200-IV)を導入。 
3DCADCAM(MastercamXR2)を導入。
2008年 1月 有限会社から株式会社へ組織変更。 シナジーシステム株式会社に。
5月 三次元座標測定機(SVA fusion 9/10/6)を導入。
【三次元測定事業】部品測定を開始。
6月 ERP(総合管理システム)を導入。
2010年 8月 七城工場から菊池工場へ移転。
12月 菊池工場に加工工場開設。
植木(加工)工場を菊池工場へ移転。
2011年 1月 シナジーシステム新体制(菊池工場へ集約) 稼働。
2月 立型マシニングセンター(VCS-430A) 2台 導入。
12月 複合加工機(INTEGREX i 200 )を導入
2012年 3月 立型マシニングセンター(SVC 2000L/120 - II) を導入
  8月 3DCAD(ICAD/SX Mechanical PRO) 2台 導入
ページ最上部へ