構想からのコストパフォーマンスの実現 当社が目指すもの… 技術力・和の相乗効果

ご挨拶

代表取締役 社長 上村 善信
日頃は当社のご愛顧誠にありがとうございます。当社は、『構想からのコストパフォーマンスの実現』という経営理念のもと、2004年6月に創業致しました。
長年培った機械設計技術と機械加工技術をもとに、「産業用自動機事業」「機械部品加工事業」「三次元測定事業」を柱として、お客様のニーズに応えるべく日 々精進しております。また、機器の構想から設計・加工・組立・品質保証・納品までの内製100%を目標とし努力を重ね一貫して行う直接対話型企業を目指し ます。
代表取締役 上村 善信

シナジーの技術力

お客様のニーズに応じた自動化装置を幅広い案件で培った、知識・経験・技術 力で構想提案いたします。


【主要実績分野】
半導体関連、精密機器、電子機器、自動車関連、医療機器など

【主要製品】
自動搬送装置、部品自動組立機、電子部品検査機、ウエハ剥離機、ユニットASSY自動機、試験機、治工具など

手の平サイズのワークの自動化装置

当社は、創業当初より手の平サイズのワークの自動化装置を得意としております。自社製品の3軸ロボットを使用した塗布機、圧入機から直行軸、スカラロボット、多関節ロボットを組み合わせた供給・搬送組立装置などを提供いたします。

【3軸(X・Y・Z)ロボット】
■基本仕様

  • 本体設置スペースがA3(287mm X 420mm)サイズ(依頼により大きさの変更は可能)
  • 組立時に3次元そ測定器を使用し精度確認しながら組立を行い、組み付け精度を保障
    (必要に応じ検査結果を添付致します。)
  • ティーチングやジョグ運動・プログラム編集などは脱着式タッチパネルで行います。

■基本性能​

  • 繰返し精度:±0.015 mm
  • 停止精度:±0.015 mm
    注)上記精度はボールネジ使用軸の場合
  • また別装置にて回転軸方向振れ精度±0.002 mmの実績有り
  • 最高速度 300 mm/sec

■オプション​

  • 安全対策として本体にカバーあり
  • 基本の3軸に加えZ軸アームにθ軸を取付け4軸ロボットに変更可能

■使用例​

  • チャックや吸着パッドを取付けてワークの移載機
  • カメラを取付け画像検査機
  • ディスペンサによる接着剤塗布機
  • UV照射ユニットを取付けUV照射機
  • カシメによる部品組付け機
  • パーツフィーダを使用したネジ締め機
  • マーカーを取付けマーキング機 など

上記使用目的に合わせて各種カスタマイズは依頼により設計製作いたします。

内製化率100%への挑戦とこだわり

当社は社内一貫体制にこだわり、ものづくりにこだわりを持って挑戦し続けています。
その理由は各技術者の経験と技術力の相乗効果(シナジー)を発揮することが、付加価値の高い提案・製品を提供することに繋がると考え、全ての工程を内製化することにこだわってきました。
また、構想設計から納品まで一貫して社内で行うことで各工程の品質管理、納期管理の合理化、見える化を実現。タイプの異なる複数の開発案件も同時進行でスムーズに対応しています。

イメージ
営業
営業
  • 実績と技術に基づいた装置提案
  • システムコンサルタントの提案
  • 直接対話によるお打合せ
生産管理
生産管理
  • 設計から納品までのスケジュール管理
  • 豊富な実績(蓄積されたデータ、経験)に基づく生産管理
  • 設計・調達・加工・組立・電装の各部門の調整
  • 製作スケジュールの提示 、見える化、全体DR
開発設計
開発設計
  • 構想見積作成
  • メカ・電気・制御開発の設計
  • 開発案件ごとにプロジェクトチームを編成して対応
  • メカ・電気・制御の各設計によるDRでの改善
加工
加工
  • 交代制による24時間生産体制
  • 迅速な加工・調達対応
  • こだわりの高品質・高精度製品の提供
組立
組立
  • 蓄積したノウハウを活かした組立
  • 設計者がスーパーバイザーとして活躍
  • 組立て部品、スペースのフリーロケーション管理により複数案件の同時進行にも対応
電気配線・制御盤製作
電気配線・制御盤製作
  • ハーネス製作、制御盤製作、機内配線
  • 設計、組立、制御と連携し迅速な対応
  • 内製化による高品質の実現
制御
制御
  • 制御プログラムの動作確認
  • 制御プログラムのデバッグ
  • 全体動作確認、調整
検査
検査
  • 組立各部品の検査
  • 簡易運転確認後ワークを使用しての実機に近い動作確認
  • 「装置組立て完成検査表」に基づいて検査

社内一貫体制』で柔軟かつスピーディーに対応します。

ページ最上部へ